Intel 製モバイルネットワークカード(4965,5300half,6300,6250など)やアンテナ、アクセサリを扱っています。以下の在庫状況のページにお取引の詳細があります。 現在の在庫状況はコチラ


2010年02月25日

Intel Centrino Advanced-N 6200 の Dell 版

お久しぶりです(笑)


最近は動きがなく、ポストも控えておりました。


6250 は市場ではほぼ出尽くしたようで海外での出品すら見られなくなりました。もう少しの間は当方でも安定して出品を続けられそうですが海外からの問い合わせもあり希少性はましてきたと実感しています。


ebay では Dell Part の 6250 の出品再開を確認しています。このタイプのカードなのですが成功者と失敗者が多数おります。かく言う、当方の Dell ES は当方の Studio 1535 では動作したのですが、別件で Aspire 14xx では WiMAX が使えなかったという報告があります。Dell でしか動かないようなチェックが今後入るようですと少々厄介と感じています。なぜなら Dell OEM の流出によって価格の下落や安定供給がされてきたという歴史があるからです。


Dell OEM といっても Dell Part は特にベンダーチェックなどもされておらず汎用品として扱うことができています。現在当方が扱っている 5300 のハーフカードも Dell Part ですが汎用品との差異はありません。


当方が扱っている 6200 もその流れの物なのですがやっとサンプルで6枚ほどですが正式ラベルの物が届いたので今回はラベルを含め報告をしていきたいと思います。


では、続きからどうぞ



では、早速裏面のラベルからチェックしていきましょう。

6200GR.JPG

ラベルフェイクの修正版とほぼ同じ体裁です。粘着性も良く、柔軟性も高いため凹凸にフィットしているような感じです。フェイクは一枚紙といった感じでピンとしています。このラベルも裏側は黄色でした。動作はもちろん問題ありません。


続いて表面です。

6200GF.JPG

5300 の Dell 版の用に大きく WLAN の文字があります。「D P/N」というのが Dell のパーツナンバを示しています。このラベル裏も黄色です。当方にこのカードが出回ってきたということは近いうちに他でもお目見得するのではないでしょうか。ついでに単価も下がったら。。。と思うのですが。見比べても当方の価格も遜色なさそうですね。


6200 ですが 5100 から乗り換えの方からも安定したりスループットが向上したと評判を頂いています。今のところトラブルは皆無ですわーい(嬉しい顔) 粗悪な物は機器を壊しかねないものもあり、毎度の事ながら入手の際は気を付けて頂きたいと思います。
posted by まきの at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイヤレス全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35565891

この記事へのトラックバック
掲載報酬型アフィリエイトはアクセストレードレビュー
掲載報酬型アフィリエイトはアクセストレードレビュー